ペイオニア為替レートを経由しない売上回収方法

こんにちは、島村です。

最近気が抜けてしまっていたので、再度気持ちを引き締めなおした今日この頃です。

 

 

 

本日は為替システムについて書いていこうと思います。

 

 

 

輸出で必ず発生する外国為替ですが、

この問題は今にはじまったことではありません。

 

 

 

遡ること数百年前からの問題で、

いかに効率良くお金を動かすかを考えた人々は、

銀行業を発足しました。

 

 

 

その頃より行われている効率の良い方法の1つとして、

逆取引を見つける、という方法があります。

 

 

 

逆取引とは一体どういうことかというと、

例としてUSアマゾンで言えば、$決済できる取引を見つけるということです。

 

 

 

ペイオニア口座に$通貨で入金されている資金を、

手数料を取られながらyenに変えるのではなく、

一度$通貨で行える取引をし、yenに戻すというものです。

 

 

 

具体的には、USアマゾンなどで売っている商品を$購入し、

yenで支払う顧客に売るというです。

 

 

 

物販でいうところの輸入にあたります。

 

 

 

アマゾン輸入による個々の商品の利益が大きく出なくても、

手数料を取られるよりも無駄な目減りなく資金を回収できるので、

ぜひ実践してみてください。

 

 

 

海外アマゾンで無在庫受注を取る

⇒日本で仕入れる(¥)

⇒売上金がペイオニアに入金される($)

⇒入金された$を使って海外より商品を仕入れる(モノ)

⇒日本の購入者へ販売する(¥)

 

※モノを挟むことにより、為替リスクや手数料を取られることなく通貨をyenに戻せます。

 

 

コメントを残す